【車の個人売買】メルカリで車を買ったので、注意点や名義変更をご紹介!

メルカリで車を買ったので、 注意点や必要書類をご紹介!

こんにちは、とぅげ(Twitter)です。

今回(2019年7月19日)にメルカリで軽バンを買いました!8万円で!笑

実は初めてフリマアプリ(メルカリやラクマなど)での買い物、かつ車だったので、

  • 本当に買えるのか?
  • 遠くの人とのやり取りだったので、実際に行っても無駄足になるのではないか?
  • 本当に待ち合わせに来ているのだろうか?
  • 値上げ交渉を持ちかけられるのではないか?(これはお金無いのでかなりきつい)
  • 名義変更を自分で行えるのか

などなど、不安要素がたくさんあって、めっちゃ緊張しました!

加えて、引取場所が淡路島だったんです。

淡路島に行くとなると、私の住んでいるところからでは、高速バスと電車で12時間以上もかかり、交通費も1万円を超えます。

そして車を受け取ったらそのまま乗って帰ってくるというハードスケジュールでして、

  • 知らないところ走るのは怖い!
  • 名義変更が済んでないから、事故ったあとはどうなるの?
  • 任意保険も入ってない

とさらに不安要素が、、、

そこでこの記事では、今回の私の体験を通してヤフオクやメルカリなどの個人売買サイトで車を購入する時の注意点や購入後の流れをご紹介していきます。

先に結論をお伝えすると、メルカリやヤフオクなどでの車の購入は、車に詳しくない方にはあまりオススメしません。

ただ名義変更などの購入後の流れでは、軽自動車の方が簡単ですので、初めて購入するなら軽自動車の方が良きです。

具体的なこの記事の流れとしては、前半で車の個人売買での注意点をご紹介し、

後半にて、名義変更の流れをご紹介していきますね。

メルカリやYahoo!オークションなどで車を買う時の注意点

詐欺まがいの販売主もいる

車検がある車と車検無しの車では、引取方法が異なる

軽バン(4ナンバー車)は、1DAY保険に入れない!!!

 

自分で名義変更する流れ

軽自動車と普通車では、名義変更を行う場所や手続きの流れも変わってきます。

そこで軽自動車と普通車に分けて、ご紹介していきますね。

軽自動車の名義変更の場合

軽自動車の名義変更は、普通車に比べて簡単に行うことができます。

実際に本日(7月29日)、名義変更を行ったのですが、1時間もかからずに終わりました!

そこでまずは必要な書類についてご紹介していきますね。

必要書類について

軽自動車の名義変更で必要になる書類は、下記の5つになります。

  • 車検証
  • 住民票or印鑑証明書
  • 申請依頼書(旧所有者・旧使用者の印鑑が押してあるもの)←認印でOK
  • ナンバープレート←外せる
  • 自賠責保険証

また名義変更の費用ですが、ナンバープレートが変わる場合は、ナンバープレート代+軽自動車税転出申告代行料(1,000円)が必要です。(名義変更の手数料は、無料)

補足
※ナンバープレート代は、都道府県によって差があります。(岩手県は、1,580円でした)
さらに「図柄入りご当地ナンバー」や「希望ナンバー」にする場合は、さらに費用がかかりますので、ご注意ください。

軽自動車の名義変更する場所(軽自動車検車登録事務所)の事務所の方には「住民票ありますか?」と聞かれたので、住民票のほうが間違いないですね。

そして軽自動車の名義変更は普通車と違い、

  • 実印がいらない
  • そのため必ずしも印鑑証明書は必要ではない
  • ナンバープレートは自分で外せる
  • 車庫証明は名義変更の後で良い

など、先程軽くご紹介したように普通車よりも名義変更が簡単にできます。

補足
軽自動車の所有者がローン会社や自動車販売会社などの場合、申請者には法人登録印が必要になるので注意が必要です。

さらに軽自動車であれば、ナンバープレートを外すことも可能なので、普通車のように陸運局まで車を持ち込む必要がありません。

実際に私はナンバープレートだけ(車は持ち込まず)持っていきました。

また軽自動車の名義変更であれば、約15,000円で代行してくれる業者もあるため、かなり手間を省くことが可能です。

手続きの流れについて

書類が揃い、自分で名義変更する場合は、管轄の軽自動車検車登録事務所に行って名義変更を行います。

私の場合、今回購入した軽バンには神戸ナンバーがついていますが、私の住所は岩手県にあるため、岩手の軽自動車検車登録事務所に行く必要がありました。

自分の住まいを管轄する軽自動車車検登録事務所を調べる場合は、下記から調べられます。
(軽自動車検査協会:全国の事務所・支所一覧)

実際に記入したのは、下記の3種類の用紙です。

  • 軽自動車変更(転出)申告書
  • 自動車検査証記入申込書
  • 自動車取得税・自動車税申告書
補足

※軽自動車変更(転出)申告書は、簡単に言うと税止め手続きです。
前の所有者に軽自動車税の納税通知書が届かないようにして、新所有者に納税通知書が届くようにするための手続きになります。
自分でも行うことができますが、代行費用が1,000円で済みますので、ぜひ代行してもらいましょう。

◯実際の書類の画像が↓↓↓

軽自動車の名義変更で必要な書類の画像
※自動車検査証記入申込書は、個人情報を記載する前に写真を取り忘れたので、軽自動車検査協会の公式サイトから引用しています。

さらに↓↓↓のような書類の見本も同時に渡してくれるので、初めてでも難なく記入できますのでご安心ください。

また実際に記入して、わからないことがあったのですが事務所の方が丁寧に教えてくれました!

軽自動車の名義変更に必要な書類の見本画像
補足

1~3年落ちの軽自動車であれば、自動車取得税がかかる可能性もありますので、この点は注意が必要です。

忘れずに自賠責保険証の名義変更も行う

まず自賠責保険は、すべての車の所有者に加入が義務付けられている損害保険になります。

そこで車自体にかける保険とも言われています。

この自賠責保険も名義変更する必要があるので、忘れずに行いましょう。

具体的な方法は、自賠責保険証に書いてある保険会社(の支店など)で手続きを行います。

必要な書類は、

  • 新しい車検証(名義変更が済み所有者が自分になった車検証)
  • 今ある自賠責保険証

の2つだけです。

この2点の書類をもって保険会社の支店や支社に行き、申請書に記入・捺印することで自賠責保険証の名義変更が行えます。

面倒な場合は、便利な代行サービスを利用する(すべてコミコミ総額 14,800円)

書類とナンバーをを送るだけで名義変更ができる便利なサービスがあります。

それが全国軽自動車名義変更センターが行っているサービスです。

軽自動車の名義変更をサクッとプロにお任せできるため、

  • 陸運局へ行く時間がない
  • よくわからない・ご面倒くさい

という方にはオススメのサービス。

その上、

  • 全国どこでも宅配便でお届け!
  • 全国どこでも最短4日でお届けします。
  • すべてコミコミ 総額 14,800円
  • 最短4日で新ナンバープレートをお届け
  • 北海道から沖縄までどこのナンバーでも登録代行

などのメリットがあります。

手続きも書類とナンバーをを送るだけで済みます。

全国軽自動車名義変更センターの公式サイトを見る

普通車の名義変更の場合

 

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください