【就活生必見】自動車販売業界の闇を暴露!就職・転職はオススメしません!

自動車販売(買取)業界の闇を暴露します

こんにちは、とぅげ(Twitter)です。

今回は自動車販売(買取)業界の闇について書いていこうと思います。

というのも僕は2018年4月(新卒入社)から中古車の買取・販売を行う企業に入社しました。
(どの会社にいたかは伏せますが、かなり大きな企業です)

入社前の説明では、

人事
  • うちは車を売るだけではなく、オイル交換や車検・整備も行っているから新規の営業は無い
  • 自社で車を買取して自社で販売するから他の会社よりも高く車の買取ができる!
などと言われていました。

それを聞いて僕は、

とぅげ
  • 新規の営業が無いのはめっちゃ良いじゃん!(営業は苦手なので)
  • 労働時間が長いのは耐えられる。(ちなみに労働時間は8時~20時の12時間)
  • それよりも地方で車を使う人の力になりたい!
と思ったわけです。

これを信じてめっちゃ魅力的に感じたんですよね。(正直、当時の僕はアホだった…笑)

しかし実情は違いました。

2018年4月1日から店舗に配属され、

  • 研修はほぼ無し
  • 初日から200件近い営業の電話
  • 電話の仕方はマニュアル無し
  • 自社内の顧客を他の店舗から奪ってくることもあり
という仕事内容。
(配属された店舗の立地が悪かったこともあり)

特に自社内の顧客の奪い合いとか時間とお金の無駄で意味不明じゃないですか?!

だったらお客の来る店舗に人を配属してそっちに人件費をかければいいだけで…

それにお客もそっちの店舗の方が通いやすいからそっちに行くわけですよね。

顧客満足度も下がる可能性があることをわざわざするなんて、この企業めっちゃ頭悪いな~と思ったんですよ。

で辞めることを決意するわけですが、他にもいろいろとヤバいお話があるので、入社前から退社するまでを順にご紹介していきますね。

注意
あくまで僕の体験談になるので、その企業全体がこの記事の通りではないと思いますし、業界全体もそうではないと思いますが、
僕と同じような経験をする可能性があるのも事実です。
すべて体験談になりますので、車買取業界に就職を考えている人の参考になれば幸いです。

入社前の研修は、ほぼ懇親会w

僕の内定が出たのは、2017年の8月くらいでした。

そこから2ヶ月に1回程度、研修みたいなのがあったんですけど、

研修内容は、もっぱら懇親会(飲み会)。

一応、

  • 車を売る時の営業トークの読み合わせ(1回だけ)
  • 名刺交換の練習(1回)
  • あいさつの練習
程度は、やったと思います。

でも今思い返せば、正直このレベルの研修をしているということは、一般的な常識が足りない人も新卒でとっているということですよね。

加えて、新人の教育にこの程度の予算・人件費しか割けない会社、ということもなかなかやばいと思います。

実際に入社までの間に結構な数の人が入社をキャンセルしているようでした。

2018年3月のギリギリまで採用を行っていた感じでしたので、、、

加えて入社後も辞める人が多いらしく、新卒を大量に雇ってほとんどが辞めていくというとんでもない会社です。

研修ほぼ無し+4月1日から店舗で業務w

配属が決まった店舗に2018年4月1日から勤務となりました。

しかも配属当日から営業の電話かけ!(初日から1日100件以上です笑)

加えて、マニュアル無し!

隣の先輩に、

とぅげ
  • 「営業の電話はどんな感じで電話かけたら良いですか?」
  • 「どんかことを聞いたら良いですか?」

と聞き、返ってきた答えが、

先輩
  • 「ノリで!」

でした。

これマジです!

その後見様見真似で先輩の仕事術を盗もうとするものの、

出張査定に出かけ、店舗には僕一人、、、w

もうこの時点でこの会社まじでヤバい、やめようと思いましたね。

たださすがにやめるには早すぎると、この時点では思いとどまりました。

しかしその後、

  • この会社のヤバい実態を知ったり
  • 1日200件以上の営業の電話かけだったり
  • 仕事内容は、自社内での顧客の奪い合いだったり
で、僕は早々に見切りをつけて辞めました。

とは言ったものの、本当は全くポジティブな退社ではなく、鬱になりそうだったので逃げるように消えたが正解です。

実際に

  • 行きの電車でこのまま遠くにいってしまおうかな
  • 愛車とともに川のそこへ沈もうか
とか一人の時はずっと考えてました。

せっかくここまで育ててくれたのに、ろくに働けないなんて情けないと思って泣きながら親に謝罪の電話もしましたね。

これだけ聞くと、ザ・ゆとりと思われるかもですが、僕自身はこれでも大学まで体育会系だったので、根性はあるほうです。

それでも無理だったので、

「本当にヤバい会社+耐えられないタイプのつらさ(別の言い方をすると、つらさが報われる瞬間が無かった)」

だったのだと思います。

少し話がそれてしまいましたね。

それでは話を戻して、本当にあったヤバい話を次でご紹介していきますね。

本当にあったヤバい話

僕が1週間しかいなかった会社ですが、そんな短期間でもヤバい話がいくつか貯まるほどでしたので、包み隠さず暴露していきますね。

まずざっと上げると↓こんな感じです。

本当にあったヤバい話
  • 新卒で入社した社員は1年で約9割が辞める!
  • 繁忙期の1月から3月はほぼ休み無し(私の上司がそうだったと言ってました)
  • 公式HPには週休2日とあるが、僕のいた店舗の上司は週休1日とかだった
  • 勤務時間は、8時~20時でその後サービス残業(勤務時間は店舗によって差がある)
  • 遅い社員は、2時や3時まで残っている(体が追いつかず直属の上司は寝坊していた)
  • 携帯でアニメを見ながら運転している上司もいた
  • とにかく時間が無いから社用車での移動はめちゃくちゃあおり運転
特にヤバいのが、あおり運転!

営業車に会社の名前が入っていないため、あおり運転しても簡単にはバレないんですよね。

だから大概の人はスピード出しまくりです。

そして事件が起きました。

私が入社3日目か4日目に先輩の車に同乗している時です。

川の横の道を先輩がかっ飛ばして走っていて(一応法定速度内だったような気もする)、こっちに気づかなかったおじいちゃんが運転する車と衝突。

入社数日にして、人生初の交通事故に合うことになろうとは思いませんでしたね。。。

あの時の光景は今でも思い出します。

左から合流してくるように車が僕らの走る道に侵入。

こちらに気づいていないため、無理やり横入りしてきたような感じとなり、

こちらはブレーキを踏むも間に合わず、なんとかハンドルを右に切って車をかわそうとするもこちらの車の左横に突っ込むように衝突となりました。

たしかその社用車は廃車になったような気がします。笑

そんなこんなでこの会社を1週間、正確には6日間でやめたわけですが、

世の中には、まだまだヤバい会社はたくさんあるんだなと勉強させられましたね。

もし中古車買取・販売を行う企業の就職を考えているのであれば、企業の見極めを怠らないようにしてください。

僕と同じような目にあってほしくないので!

みなさんもこのようなヤバい会社にはお気をつけくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください